赤ちゃんに青汁を与えても良い?

健康康補助食品のひとつである青汁は、成人だけでなく、子どもや赤ちゃんに飲ませてもいいのか、気になりませんか?
今や青汁は幅広い世代に親しまれている商品なので、子どもの小さい時からもしっかり野菜不足解消し、栄養を摂らせてあげたいものです。

いつから飲ませても良い?

原料は自然の野菜をはじめとした食品なので、小さい赤ちゃんでも問題なく飲ませてあげられます。
赤ちゃんの野菜不足に頭を悩ませている親にとっても、簡単に与えられる健康素材としてありがたいのではないでしょうか?
まだ好き嫌いが定着しないうちに、離乳期になったら早めに習慣づけておくのがおすすめです。
主に野菜が素材とはいえ、商品によっては添加物の影響も考慮すべきなので、安全な商品を選びましょう。
厚生労働省から認可されているのはもちろん、国産の減量だけを使った商品が望ましいです。
原料の野菜には化学肥料なども使われていないかどうか、入念にチェックしましょう。

成分をよくチェックしよう

各メーカーで栄養成分の差別化も進んでいますが、なかには赤ちゃんには望ましくない成分が入っている商品も存在します。
アレルギーを起こす原料が入っていないかはもちろん、気にかかる原料があれば、赤ちゃんに対して安全かどうか必ず調べてください。
入っている原料の種類はできれば少なく、シンプルにできている商品がいいですね。
成長期の子どもだからこそ色々な食品を与えてあげたいものですが、青汁については安全で明確なことが優先されます。
赤ちゃんでも嫌がらずに飲める口当たりの優しい味わいなのかも、できれば口コミやお試しサイズの商品で確かめてみてください。もし好き嫌いするようでも、豆乳やジュースなどに混ぜてみると飲んでくれる場合があります。
栄養バランスの優れている健康素材は、赤ちゃんの健やかな成長を助けてくれるでしょう。
成人の服用量では多すぎるので、子どもの年齢別の野菜摂取目安量を確認し、調節することも忘れないで下さい

関連記事