ケールと大麦若葉の青汁を比較

青汁の素材といえば、ケールや大麦若葉をまず思い浮かべるのではないでしょうか。
ここでは、国産の素材としてとりわけ人気の高い、大麦若葉の特徴、その魅力に迫っていきます。

健康素材としての大麦若葉

そもそも大麦若葉とは、大麦がまだ成長しきらないうちに摘み取り、その栄養たっぷりの新芽を手軽に飲める商品にしています。
大麦といえば、身近な調味料にも使われていたり、お酒の原料にもなっているので、私達日本人にとって親しみやすい健康素材です。
大麦若葉の栄養成分の特徴は、ビタミンにかぎらずカルシウムや亜鉛といった不足しがちなミネラルもしっかり補える点です。
ビタミンCとビタミンBの含有バランスも優れているので、飲んでまもなくお肌や髪の毛の変化を実感しやすく、女性にも好評です。
さらに、大麦若葉ならではの栄養成分といえば、SOD酵素が挙げられます。
SOD酵素は特に毎日じゅうぶんな量の摂取が難しいので、サプリメントや青汁を利用して不足しがちな分を補給しなければなりません。
大麦若葉は、このSOD酵素を効率よく補給できる素材としても知られているのです。

大麦若葉とケールの比較

青汁の素材として肩を並べているケールと、どう違うのか疑問をお持ちの人も多いでしょう。
分かりやすい違いといえば、その味わいです。
実際に飲み比べてみるとわかりますが、人気のケールはかなり好き嫌いが分かれるので、挫折してしまう人も少なくありません。
大麦若葉はケールよりも、独特の風味が少ない味わいで、さっぱりと飲めるとの声が多いんです。
そのため、近年における人気度はケールをも凌ぐほどで、国産の素材であることから安心感でも選ばれています。
栄養成分の違いで言えば、ケールと大麦若葉の大きな違いはありません。
栄養価以外で特にこだわりがなければケールを素材に使った商品でも良いでしょう。飲みやすさにこだわりがあれば、味わいがすっきりした大麦若葉のほうがぴったりです。